命を救う電話

固定電話

便利なサービスを使い悩みを相談しよう

統合失調症や双極性障害などの精神病は、脳の病気の一種で、様々な症状を体や心にもたらします。奔逸や被害妄想、自己嫌悪、慢性的な疲労感や憂鬱感などがその代表的な症状です。他にも、摂食障害や睡眠障害、頭痛や吐き気など身体的症状が現れることもあります。このような精神的病の特徴は、治療に時間がかかるということです。専用の薬の服用などによって症状を緩和することは出来ますが、服用したからといってすぐに治るというものではありません。長期的な服用を続けながら、医師とのカウンセリングを併用して行っていき、少しずつ心をコントロールしていくというのが通常で、軽い場合でも半年、重い場合は完治に1〜2年程度かかることも珍しくありません。このような病気の主な原因はストレスです。病気の予防のためには、ストレスをなるべく溜めず、不安や悩みは誰かに相談するように心がけることが大切です。一人で抱え込んでしまう人ほど、ストレスを上手に発散出来ず精神病になりやすい傾向にあるからです。しかし、周りに相談出来る人がいない、家族や友人に心配をかけたくないから相談が出来ない、というような場合は、相談電話というサービスを利用するのがおすすめです。相談電話は、自分が抱えている悩みを親身になって聞いてくれるサービス機関です。匿名で電話出来るのでプライバシーは守られますし、何より匿名なのでプライベートなことも話しやすいというメリットがあります。第三者だからこそわかる客観的意見やアドバイスも聞けるので、相談相手がいなくて困っている人はぜひ活用すべきサービスと言えます。

相談電話の内容は、抱えている不安や悩みを相談するということでも良いですし、病院を受診したいけど何科かわからない、休職したいけどどうすれば良いかわからない、といった内容でもokです。どのような悩みでも、相談員は親身になって話を聞いたり、アドバイスをくれたりします。中には、自殺を考えるほどの辛く重い悩みを抱え、何とか助けてほしいと電話するという人もいます。相談員のおかげで、自殺を止めたという人もおり、多くの人々の命や心を救っている機関と言えます。精神病になってしまう人の多くは、真面目で責任感が強く、自尊心が強い傾向にあります。そのような性格だからこそ、人に弱みを見せるのを嫌い、悩みやストレスを一人で抱え込み、病気を発症してしまいやすくなるのです。自分がそのような性格であると分かっている場合は、特に利用するのをおすすめします。また、電話では上手く話せないと不安な人は、相談電話ではなく相談メールという手段もあります。文字に書くことで、より伝えたいことがまとまりますので、不安な人はそちらを利用するのも良いでしょう。一番大切なことは、自分の心を守ることです。自傷行為や自殺などを考える前に、まずは誰かに相談する、ということを覚え、実践しましょう。精神病を患うと、会社を休職したり、子育て中の人は子供をどこかに預けたりするなどの対応が必要になる場合があります。そのため少なからず家族や周りの人のサポートが必要となってくるので、予防のためにも、相談電話は積極的に利用してみましょう。

Copyright© 2019 気軽に利用でき精神的な負担を軽くすることができる All Rights Reserved.